自動車保険を考える

あなたの車の自動車保険、自分にあった保険だと言えますか?
保険のことはよくわからないので進められるままに入っている・・・という方も多いかもしれませんね。

自動車は大変便利ですが反面、万一事故が起きた時の被害は甚大です。
事故は起こすつもりがなくても僅かな気のゆるみで事故をしてしまったり、自分に大きな落ち度がなくて事故に巻き込まれることもあります。

また、自動車同士の事故の場合はよほどのことがない限りは一方的な過失になることはなくもらい事故等であっても無過失になることはありません。
特に相手方が歩行者の場合、「自分の無過失」「車の整備不良がないこと」「相手方に落ち度があること」の3つを証明できなければ賠償責任を免れないとされ、「無過失責任」に近いものになります。

さらに、貸与や盗難によって運行された自動車による被害でも、「管理者責任」「所有者責任」を問われる場合もあります。
普段から万が一に備えて任意保険に加入することをお奨めします。

重大な事故の場合には自賠責保険だけでは不足し、また、物損事故には対応できないため、強制保険以外にも任意で他の保険にも加入しておくことをお奨めします。

任意保険では賠償金などのほかに事故処理や示談、弁護士費用、ロードサービスなどがついてきます。
事故はやろうと思ってやるものでもないですし、多くの方は自分は大丈夫と思っていて事故をしてしまいます。
自分のため、そして万が一相手を傷つけてしまったときの為に任意保険への加入をお奨めします。

当サイトでは、自動車保険に関する用語の紹介を始め、さまざまな角度から自動車保険について考えていきたいと思っています。

同じ保険に入るなら、安くて安心、お得な保険に入りましょう。

Yahoo!News